【男女別】就職活動中の髪の色はどのようにしておけば良いの?

TOP > 就職活動 > 【男女別】就職活動中の髪の色はどのようにしておけば良いの?

【男女別】就職活動中の髪の色はどのようにしておけば良いの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【男女別】就職活動中の髪の色はどのようにしておけば良いの?

就職活動が始まると、髪の毛の色を真っ黒にする人がたくさんいます。金髪だった先輩がある日真っ黒い髪で部室に登場し、驚いた経験のある人も多いのではないでしょうか?

ただ、就職活動中だからといって必ずしも髪の毛を真っ黒にする必要はありません。会社によっては、ある程度までの茶髪が許容されます。では、就職活動を始める際は実際どの程度の髪色にしておくべきなのでしょうか?

就職活動中の髪色は、原則として「黒」をおすすめします。ほとんどの日本人は地毛が黒髪ですし、日本人の顔立ちにもリクルートスーツにも合う髪色だからです。

髪の毛の色は身だしなみの一つです。「就職活動」という場に合った常識的な身だしなみができるかという点が、常に審査されていると考えましょう。黒髪は素直さや誠実さを相手に印象づけられます。

JHCA(日本ヘアカラー協会)の提供しているレベルスケールでみると、レベル6以下がいわゆる「黒髪」です。日本航空や東京ディズニーリゾートではレベル6まで、三越、UFJ銀行ではレベル7までなど、社員の髪色をこのスケールに沿って決めている企業も少なくありません。こういった企業に応募する場合は、当然この範囲内に入っている必要があります。

無難であることからほとんどの就職活動生は黒髪なので、極端に明るい髪色で就職活動を行うと悪い意味で目立ってしまうことに。ほかの部分に問題がなくても、「場に合わせることができない人なのかもしれない」「入社後に規則を破りそう」などと思われてしまうかもしれません。

企業によっては多少のカラーリングが許されることもありますが、男性は特に暗めの髪色にすることをおすすめします。ご紹介した基準に沿った「黒髪」にしましょう。

たとえば、先ほどのレベルスケールを社員の髪の規定に取り入れている企業のうち、ホテルオークラでは女性のみ7レベルまで認められています。コジマでは女性のみ8レベルまでです。つまり男性の髪色に対する世間の目は、女性に対するものより厳しいということです。

特に金融や医療、福祉、百貨店などの年長者を相手にする機会の多い業界では、髪色をかなり厳しくチェックされます。会社の信用に疑いをもたれたり、ビジネスマナーを疑われたりすることにつながるためです。そういった業界を志望する人は、特に注意してください。

女性の場合、業界によっては男性よりもやや明るめの髪色でも許されます。美容業界やIT業界、アパレル関連、外資系企業など、華やかさやセンスを求められる業界を目指す人は、多少明るめの髪色でも問題ないでしょう。

就職後も会社の規定の範囲内なら髪色を明るくすることができます。ただし就職活動生はそれよりやや控えめなカラーが求められるので、地毛が明るい人と同じ程度のレベル7~8程度(ダークブラウン)を基準に考えましょう。

ちろんセンスを求められる業界でも、グラデーションカラーを入れたり奇抜なカットにしたりといった冒険は避けてください。常識がないと判断されます。

就職活動生の中には、地毛の色が明るい人もいるでしょう。その場合、一般的な企業を受けるならわざわざ黒染めをする必要はありません。

ただし医療関連や金融関連など、硬めの業界を志望する場合は黒染めをした方が無難です。特に「学生時代、地毛なのに先生から染めるなと注意されたことがある」という人は、あらかじめ染めておくと良いでしょう。

黒染めは色が濃くムラができやすい施術です。色ムラがあると清潔感のない印象になってしまうので、必ずヘアサロンに行きましょう。染めたばかりの髪色は馴染むまでに少し時間がかかりますし、染めて時間が経つと地毛が伸びてきます。面接の1ヵ月から1週間前までに染めることをおすすめします。

最近ではカラーリング剤を持ち込んで、安価な施術を受けられる理美容院も増えました。ただ、染まる色は現在の髪の色とカラーリング剤の組み合わせで決まります。持込では希望の色にならないことも多いので、就職活動の前は特にプロにカラーリング剤を選んでもらえるヘアサロンに行きましょう。

就職活動の髪色を考える上で大切なことは、清潔感と誠実さが伝わるかどうかです。いくら黒髪であっても、寝ぐせがついていたりボサついていたりしては意味がありません。いわゆる「プリン頭」もかなりのマイナス印象になるので、髪が伸びてきたらこまめにリタッチをしましょう。

寝不足やお手入れ不足でツヤが足りなくなることも多いので、規則正しい生活を心がけて身だしなみをチェックすることも大切です。髪型や髪の色は、補助的なものでしかありません。それらをしっかり整えて心配をなくし、就職試験の勉強や面接時の受け答えに集中しましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加