就活でショートヘアはNG?気をつける点を解説します。

  1. 証明写真・就活写真はスタジオフォプロで!東京・名古屋・大阪ほか、日本全国で展開!
  2. 就活 TIPS
  3. 就職活動
  4. 就活でショートヘアはNG?気をつける点を解説します。

就活でショートヘアはNG?気をつける点を解説します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活でショートヘアはNG?気をつける点を解説します。

女性の就活ヘアというと、やはり鉄板は後ろで一つ結びです。しかし就活生の中には、もともと髪の毛を伸ばしたことのない人や、短く切ってからあまり経っていない人もいるのではないでしょうか。

「女性の就活ヘアは一つ結びでなければならない」というわけではなく、奇抜な印象の髪型でなければ、ショートヘアで就活を進めてももちろん構いません。むしろ、場合によっては自身の性格をポジティブに伝えられる可能性もあります。

ただし、就活で不利にならないためにいくつかの注意点は知っておきましょう。今回は、就活をショートヘアで挑む際のポイントをお伝えします。

ショートヘアはすっきりとした印象がありますが、就活では意外に扱いが難しいヘアスタイルです。少しでも長さがあれば後ろで結び、崩れないようスタイリング剤でキープするという選択肢がありますが、短めのショートヘアだとそれができません。

就活ヘアは顔全体を出し、採用担当者に見てもらうことが前提です。つまりショートヘアで不利にならないためには、これに支障がない形のヘアスタイルにすることが大切です。

また、面接時には何度もお辞儀を繰り返すことになります。そのたびに髪が垂れてきたり髪型が崩れていたりしていては、面接に集中できません。そのため、お辞儀しても崩れにくくするための工夫も必要になります。

このような理由から、ショートヘアは就活に不利なのでは?としばしば考えられます。しかし、しっかりとポイントさえ押さえておけば、ショートヘアであっても特に問題なく就活に望むことができます。

特に就活写真の撮影で意識しておくべきポイントは、髪型の正面しか写らないということです。そのため、もっとも目に付く前髪の作り方を意識してセットしましょう。

ショートヘアの場合、前髪は横に流すことをおすすめします。短めに揃えても構いませんが、髪全体が短く前髪まで短いと幼い印象になり、あまり就職活動には適しません。また前髪自体がない髪型も、ショートヘアと合わせると気の強い印象になってしまいやすいので注意が必要です。

いずれにしても前髪が目にかかると目元に影ができて暗い印象になるので、かからないよう工夫してください。サイドの髪はすべて耳にかけます。一束残すと思った以上にだらしなく見え、スーツとちぐはぐな印象になるので就職活動では残しません。

顔周りの髪がお辞儀するたびに落ちてくるといった場合、ハードスプレーで固めるか、ピンで固定することをおすすめします。ただしその場合はピンをできるだけ目立たない位置につけ、髪の毛に隠しましょう。

面接時には、正面からの姿だけでなく横からや後ろからも面接官に見られます。そのため、後頭部のシルエットを意識してください。

後頭部が立体的に丸みを帯びたシルエットにすると、きちんとセットした髪型に見え、就職活動で必要とされる清潔感を演出できます。逆に後頭部がペタンとしたショートヘアは、貧相に見えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

短いと寝ぐせがついたり毛先がはねたりしやすいので、それらが気になるときは一度根元から濡らして直しましょう。表面だけをセットしても時間が経つとまたはねてきて、シルエットが崩れます。

ショートヘアは短い髪ばかりなので、人によってはアホ毛や後れ毛が出やすくなってしまいます。アホ毛や後れ毛は就職面接で面接官の目に入ることはもちろん、就活写真にもくっきりと写ってしまい、だらしない印象を与えかねません。「それが怖いからショートヘアにはしない」という人もいるのではないでしょうか。

そこでショートヘアのセットをキープするためにぜひ使っていただきたいのがスタイリング剤です。数あるスタイリング剤の中でも就活生にお勧めしたいアイテムはヘアワックスです。

就活写真の撮影は短時間で終わるので、撮影時のワックスはナチュラルなタイプで構いません。ワックスを手の平全体でしっかりと伸ばし、表面をしっかりと撫でつけ、正面から見てシルエットがきれいに整っていることを確認しましょう。アホ毛は1本も立っていない状態にします。

就職面接や説明会などでは、移動が必要になるので崩れやすくなります。そのため、キープ力の高いタイプのワックスを選びましょう。手の平全体でしっかりとワックスを伸ばしたら、手櫛で髪の内側にもなじませます。仕上げに手に残ったワックスで、表面をきれいに撫でつけましょう。内側にワックスを馴染ませておくことで、ヘアセットが長時間崩れにくくなります。

ツヤのないマットタイプは髪がパサついた印象になるリスクがあるので、自然なツヤが出るタイプがおすすめです。

ショートヘアは健康的で明るい印象を与えることのできる髪型なので、きちんとセットができれば就職活動で不利になることはありません。むしろ元気で明るい印象を与えられる可能性があり、営業職などでは特に高評価を受けられる可能性もあります。

最低限、アホ毛や後れ毛、はねに気を付け、キープ力の高いスタイリング剤で崩れないようキープしましょう。

また、写真を撮る際にはそういったアドバイスをくれる写真館を選ぶことを強くお薦めいたします。

スタジオフォプロには、就活写真の撮影経験が豊富なプロのヘアメイクアーティストが常駐しています。髪型に対するアドバイスも可能なので、ぜひお気軽にご相談ください。


就活における業界ごとの履歴書写真の撮り方はこちらもおすすめ▼
服装(スーツ)、髪型、表情など就活証明写真のおすすめの撮り方まとめ

就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓




全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓





いつでもどこでもスマホがあればデータダウンロードできます。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加