【プロのヘアメイク監修】顔の形に合った就活用ヘアスタイルの選び方(男性編)

  1. 証明写真・就活写真はスタジオフォプロで!東京・名古屋・大阪ほか、日本全国で展開!
  2. 就活 TIPS
  3. 撮影のコツ
  4. 【プロのヘアメイク監修】顔の形に合った就活用ヘアスタイルの選び方(男性編)

【プロのヘアメイク監修】顔の形に合った就活用ヘアスタイルの選び方(男性編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【プロのヘアメイク監修】顔の形に合った就活用ヘアスタイルの選び方(男性編)

就活において、身だしなみは「できて当たり前」。学歴や資格、経歴等が優れていても、身だしなみが乱れていると、それだけで人物としての評価が下がってしまいます。就活では、見た目に対する評価の割合が非常に大きいので、自分のことを何一つ知らない相手に好感を持ってもらい、公平に判断してもらえるよう、身だしなみのポイントを押さえておきましょう。

今回は、就活に悩む男性に向けて、顔の形に合ったおすすめの就活用ヘアスタイルをご紹介します。

就活市場において好ましい男性の髪型は、ショートカットです。おしゃれを楽しむという意味では、ミディアムヘアやロングヘアもありですが、男性の長髪は人によって好みが別れます。就活では「自分のことを何も知らない相手に、自分に興味を持ってもらう」必要があるので、何よりも「相手に不快感を持たれないこと」を重視しましょう。

なお、就活ヘアにショートカットをおすすめするのは、「面接の前に書類選考があるから」という理由もあります。一般的な就活の手順は、

  • 書類選考
  • 集団面接
  • 個人面接

という流れになります。
面接に進んで自分の内面をアピールするためには、その前に履歴書やエントリーシートの内容、証明写真で自分の見た目を見せる必要があります。内面をアピールする前に髪型で低い評価をつけられてしまうと、そもそも面接に進めないので、男性は清潔感があって万人受けするショートカットが鉄則なのです。

ただし、人間の顔の形にはいくつかの種類があり、全員同じ髪型が似合うわけではありません。見た目を磨くためにも、自分の顔の形に合った髪型を知っておきましょう。以下で、顔型別のおすすめヘアスタイルをご紹介します。

えらが張っていて直線的な輪郭を持つベース型の男性におすすめなのは、前髪をアップにするショートカットです。サイドにボリュームを持たせるふわっとしたパーマなどの髪型にすると、輪郭のバランスが崩れてしまいます。

サイドを短く刈り上げ、トップをハネさせたり前髪を上げたりして頭部のシルエットを縦に伸ばせば、いかつい印象を和らげることが可能です。前髪を上げて額を見せることで、男性っぽさを強調しましょう。

顔の形が丸いタイプの人も、ベース型と同じく縦長のラインを意識した髪型をおすすめします。顔全体が丸くふっくらと見えてしまう丸顔の男性は、幼く見られがちです。横にボリュームを出す髪型にすると、さらに横幅が目立ってしまうため、あくまでもサイドは短く切ってボリュームを抑えましょう。

ある程度縦長のラインを見せられる髪型なら、前髪をサイドに流しても、アップバングにしても似合います。束感を意識したり、七三スタイルで髪の毛を流したりと、選べる髪型の幅が広いのも特徴です。ただし、トップにボリュームを持たせすぎると、今度は面長のシルエットになってしまうため、ミディアムヘアやロングヘアはおすすめできません。

顔の形が縦に長い面長顔の男性は、なるべくサイドに厚みを持たせることを意識しましょう。面長顔の人がサイドを刈り込み、トップにボリュームを持たせた髪型を選ぶと、顔の長さが悪目立ちしてしまいます。

面長顔の場合、ベリーショートではショートカット程度の長さを残し、前髪を下ろしておでこを隠すのが、顔をすっきりと見せるポイントです。サイドのボリュームを出しやすいマッシュヘアなどに抵抗がある場合は、トップ側の髪の毛を伸ばし、もみあげの周辺を短く刈り込む長めのツーブロックを選んでも良いでしょう。伸ばした前髪をサイドに流して固めれば、横のボリュームを出しつつ首元をすっきりとさせることができます。

頭のハチが張り出し、顎先がとがっている逆三角形タイプの男性におすすめなのは、ベリーショートです。トップにボリュームを持たせたり、髪の毛を伸ばしたりすると顎のシャープさが際立ってしまうので、毛量を減らすことでバランスを取りましょう。

自分で自分の顔の形がよくわからない、髪型が似合っているのか客観的な意見を聞きたいという場合は、毎年、数多くの就活生を撮っている写真館でヘアメイクのアドバイスを受けるのがおすすめです。
プロのお墨付きやアドバイスがあれば、自分の見た目にも自信を持てるようになるでしょう。自分に似合う髪型を知れば、同じ髪型を維持するだけで良いので、書類選考に備えて写真館で相談しましょう。


就活における業界ごとの履歴書写真の撮り方はこちらもおすすめ▼
服装(スーツ)、髪型、表情など就活証明写真のおすすめの撮り方まとめ

就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓




全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓






新宿スタジオ・池袋スタジオ限定企画↓




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加