証明写真向けのメイクで好印象を!

TOP > 就職活動 > 証明写真向けのメイクで好印象を!

証明写真向けのメイクで好印象を!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
証明写真向けのメイクで好印象を!

近年は男女を問わず、身だしなみの一環としてメイクを行う人が珍しくありません。しかし、「仕事用のメイク」「私的なお出かけ用のメイク」というように、TPOによって適したメイクはそれぞれ異なっています。目的に応じてメイクの仕方を変えなければ、「TPOがわきまえられない人物である」とみなされて、周りから白い目で見られてしまうかもしれません。

特にメイクの仕方でTPOが問われるシチュエーションに「就職活動で使用する証明写真を撮るとき」があります。証明写真は、就活生にとって自分の個性を志望先企業に伝える手段の一つ。就活という状況に適したメイクの仕方ができていなければ、悪い印象を与えてしまい、選考が不利になってしまう可能性もあるでしょう。そうならないために、就活に適したメイクの仕方を知っておく必要があります。

この記事では、これから証明写真の撮影に臨む就活生の皆様に向けて、好印象を与える証明写真向けメイクのポイントをご紹介しましょう。

 

普段からメイクをしている人は、証明写真を撮るときもつい普段と同じようなやり方でメイクをしてしまいがちですが、普段のメイクにどれだけ自信があったとしてもそれはおすすめできません。なぜなら、普段のメイクは「目の前にいる人から直接見られるもの」であるのに対して、証明写真向けのメイクは「写真に撮影された後で見られるもの」であるからです。この「直接見られるか、間接的に見られるか」という点は非常に大きな違いだといえます。

たとえば、テレビタレントやファッションモデルといった職業の人々をイメージしてみてください。そうした職業の人々は仕事上、間接的に人から見られる機会が多いはずですが、テレビ番組に出演する前や雑誌に掲載される写真の撮影前などには、必ずメイクアップアーティストがつき、メイクを施します。普段のメイクとは違うものが求められるからこそ、専門家のサポートが必要になってくるわけです。

証明写真の撮影時には、専用の照明を用意するなど「撮影用の環境」が作り出されます。証明写真向けのメイクは、そうした限定的な環境で仕上がった写真が最も美しく見えるように行わなければなりません。

 

ファンデーションを使ったベースメイクには、肌の色や顔の輪郭を整える役割があります。証明写真のベースメイクで注意するべき点は「気になる箇所を隠すこと」と「肌の輪郭を整えること」です。

証明写真のベースメイクは清潔感が出るよう、厚塗りはせず極力薄くまとめるようにしてください。ただし、ニキビの跡や目の下のクマ、肌荒れなど気になる箇所がある場合はそうした特定のポイントに絞って厚く塗っても構いません。

フェースラインなど、顔の輪郭に位置する部分は顔の中央よりさらにファンデーションが薄くなるようにスポンジを使って伸ばします。そうすることで顔の中央から輪郭に向かって自然な立体感が生まれ、背景の中に顔だけがポンと浮いて見えるような状態になるのを防ぐことができるはずです。

肌に近いコーラル系の色をしたチークを頬骨に合わせて塗ると、肌の血色がより健康的に見えるようになります。

 

アイメイクやアイブロウは目元を強調するのに役立つメイクです。人は無意識のうちに相手の目に注目するため、目元がくっきりしていた方が存在感や意志の強さをアピールできます。ただし、メイクが濃すぎても目の部分だけが浮いて不自然に見えてしまうため、証明写真ではできるだけナチュラルに目元を強調するのがポイントです。

具体的には、肌の色に近いアイシャドウを使い、目元に健康的で自然に見えるグラデーションを作ります。加えて、茶系、黒系の色のアイラインを使い、まつ毛の根本をカバーするように線を描いていくと目の輪郭を際立たせることができるはずです。マスカラはできるだけまつ毛の根元の方からつけるようにすると、まつ毛がよりカールしているように見えるので目元をはっきりさせられます。

アイブロウで眉毛を整える際は、最終的な眉毛の輪郭を意識することが大事です。白目の外側から真上に伸びた位置が眉毛の頂点(一番高い位置)になるようにします。同様に、目頭は左右の小鼻の真上、目尻は目頭から顔の外側に向かって水平に伸ばしたラインの延長線上が目安です。

 

リップは、元の唇の色に近いピンク系・ピンクベージュ系の色を選んでください。リップラインを描くときは口角を基点に上唇、下唇の順番で顔の内側に向かってラインを引くようにしましょう。

就活の証明写真では口角を上げた笑顔が基本なので、リップラインが整っていないと笑顔が決まらず、良い表情を作るのが難しくなってしまいます。リップでキレイにラインを整え、ベストな笑顔が作れるようにしましょう。

 

就活用メイクの仕上がりは、必ず最後に写真撮影した状態で確認するようにしてください。鏡を見た状態では「理想的なメイクができた」と思っていたとしても、実際の写真を見るとそうではないという事態もあり得るからです。メイクだけにこだわりすぎる必要はありませんが、理想を追求したい人はライバルと差をつけられるポイントでもあるので、「理想の証明写真」の完成目指してぜひ証明写真向けのメイクに力を入れてみてください。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加