%{FACEBOOKSCRIPT}%

ブログ

TOP > 就職活動 > サイズを間違えた!証明写真を簡単にサイズ変更できる方法まとめ

サイズを間違えた!証明写真を簡単にサイズ変更できる方法まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイズを間違えた!証明写真を簡単にサイズ変更できる方法まとめ

「履歴書などに使用する証明写真のサイズを間違えて用意してしまった」という経験はないでしょうか?証明写真は公的証明書に使用するものなど複数の種類が存在し、用途によってサイズが決まっています。そのため、誤ったサイズで写真を作ってしまうとそのまま使用することができません。

この記事では、就職活動(就活)で使用する証明写真の基本的な大きさと、サイズを間違ってしまった場合の対処法をご紹介します。

 

履歴書に使用する証明写真のサイズは基本的に「4×3cm」です。このサイズを記憶しておき、写真を作るときに指定すればいいのですが、証明写真のサイズにはほかにもいくつかの種類があるので注意してください。

たとえば、運転免許証は「3×2.4cm」、パスポートやマイナンバーカードは「4.5×3.5cm」というふうに証明写真のサイズが定められています。また、入学願書に添付する証明写真の場合、学校指定の履歴書ではそれぞれ写真サイズが異なります。履歴書用の証明写真を作るときは、異なるサイズで作成してしまわないように気をつけましょう。

 

正しいサイズの証明写真がある場合は問題ありませんが、誰にでもミスはあるものです。もし、サイズを間違えてしまったとしたらどうしたらいいのでしょうか?

写真が大きすぎた場合と小さすぎた場合に分けて、それぞれの対処法をご紹介します。

大きすぎた場合

証明写真のサイズが大きすぎる場合、「周囲の余計な部分をカットして大きさを調節しよう」と考える方もいるかもしれませんが、写真サイズに合わせて顔の大きさを調整してあるため、バランスが悪くなってしまいます。

大きすぎた場合は無理に使用せず、焼増してもらうか、写真を撮り直すことをおすすめします。

小さすぎた場合

写真のサイズが小さすぎる場合でも、デジタル化されたデータが残っていれば拡大して写真を作り直すことができます。証明写真を撮る際、一般的には写真スタジオ、もしくは証明写真機を利用するケースが多いはずです。そのどちらにも撮影した写真をデータとして保存しておけるサービスがあるので、サイズを間違えるリスクを恐れるならこうしたサービスを利用すると良いでしょう。

ただし、新たに写真をプリントする必要があるので費用が余計にかかってしまうのが難点です。また、場合によっては新たに写真を取り直すよりも費用が高くついてしまうかもしれません。

プリンタと写真用紙を用意できれば、自分で写真のサイズを編集し直すことも可能です。具体的には、パソコンで写真のデータを読み込み、画像編集ソフトなどを利用してサイズを拡大します。その後、プリンタに写真用紙をセットして画像を印刷すれば完成です。この方法なら、規定のサイズにピッタリ合った写真を自力で用意することができます。とはいえ、写真スタジオなどのプリンタで印刷した場合と比べると仕上がりの美しさでは劣ってしまうことになるので注意しましょう。

 

なかには「たとえサイズが間違っていても写っているのは自分に違いないのだから、そのまま履歴書に貼って送っても問題ないのでは?」と考える人もいるかもしれません。しかし、こうした方法には大きなリスクが伴います。

就活生にとって、履歴書は自分を企業にアピールする手段です。しかも、そこに貼られる証明写真はいわば自分自身の「顔」のようなもの。それをサイズが間違ったまま送ってしまったのでは、採用担当者に対して失礼であるばかりでなく、「雑な人だ」という印象を与えてしまう恐れがあります。

自社専用の履歴書フォーマットを用意しているような企業の場合、そもそも写真のサイズが間違っていたのでは提出した履歴書を受け付けてもらえない可能性もあるでしょう。再提出を求められればまだいいほうで、最悪、中身を見られることもないまま選考から外されてしまうかもしれません。

 

就活中は、履歴書の数だけ証明写真が必要になります。会社説明会や面接などのために連日遠方まで足を運ばなければならないことも多いため、お金や時間にも徐々に余裕がなくなっていくことでしょう。そんな中でいちいち写真を取り直したり、サイズを調整したりしていたのでは、さらに無駄なお金と時間がかかってしまいます。失敗してから対処するより、最初から問題の原因を作らないようにするほうが遥かに賢いやり方です。履歴書のサイズは事前によく確認しておき、サイズを間違えないように作成してください。万が一間違ってしまった場合は、今回ご紹介した対処法を参考に、できるだけ少ない労力で失敗をカバーできるように努めましょう。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加