証明写真はデータ形式のものも保存しておくのがおすすめ!

TOP > 撮影のコツ > 証明写真はデータ形式のものも保存しておくのがおすすめ!

証明写真はデータ形式のものも保存しておくのがおすすめ!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
証明写真はデータ形式のものも保存しておくのがおすすめ!

就職活動では、履歴書やエントリーシートの提出時に必ず証明写真を貼り付けなくてはなりません。証明写真の印象は、選考書類全体の印象を大きく左右します。

そんな証明写真、現像したものだけを手もとに保管している人も多いかもしれませんが、できるだけそのデータも自分でもっておきましょう。ここではその理由や、上手な活用法などをご紹介します。

応募者の多い大手企業や小規模でもIT関連の企業などでは、履歴書やエントリーシートの提出をWebで受け付けているケースがあります。

手もとに証明写真のデータがなければ、いちいちスキャナーで証明写真のデータを取り込まなければなりません。手間がかかって面倒なうえに、スキャナーで取り込んだ写真の画質は、元の写真に比べるとどうしても悪化してしまいます。

あらかじめ証明写真のデータを手もとに用意していれば、WEB提出にも即時に対応できるので就職活動がスムーズに進みますね。データさえあれば、自分が納得した写りの写真を何枚でも焼き増しすることも可能です。

やっぱりおすすめは写真館

証明写真のデータが欲しい場合、データを同時に渡すサービスを行っている写真館を利用する方法がおすすめです。近年では多くの写真館で、写真のデータ化サービスを利用できるようになりました。

ほかの方法と比べると多少割高ですが、プロによる撮影なので断然きれいに撮ってもらえます。就職活動用の写真と伝えると、髪形やメイクにまで気を配ってくれるところも。現像のクオリティも高いので、他の志望者に差をつけることが可能です。

データ化サービスを依頼した場合、写真データの入ったCD-Rをもらえます。また、パソコンやスマートフォンから写真データをダウンロードできるサービスを行っているケースもあります。

画質が優れているため、これらの画像サイズはかなり大きめです。写真データが大きいと取扱いの負担が増えるため、WEB提出時には画像サイズの上限が指定されているケースがほとんどです。画像加工アプリなどを利用して、提出用にサイズを変更したデータもあらかじめ用意しておきましょう。

自撮りした写真を利用?

写真を撮るだけなら、スマートフォンやデジカメでいつでも可能です。自宅の白い壁を背景に、家族や友人に撮ってもらったり、セルフタイマーで撮影したり。これなら料金もかかりませんし、データを保存することもかんたんです。しかし正直なところ、この方法はおすすめできません。

証明写真はくっきりと写りますし、顔のサイズも統一されます。一方、スマートフォンで素人が撮影した写真は、どれほどうまく撮れたつもりでもプロの撮影には見えません。輪郭がぼやけてしまっていたり、顔のサイズが大きすぎたり小さすぎたりするためです。「背景に余計なものが写ってしまった」「顔にうまく照明が当たっていなかった」という場合もあるでしょう。

いずれにしても、自撮りした写真で人事担当者に好印象を与えることはできません。「希望の企業に就職する」「そのために人事担当者に良い印象を与える」という当初の目的を果たしたいなら、自分で撮影する方法は避けてください。

証明写真機の機能を使う方法も

近年、ボックス型の証明写真機(スピード写真)の機能も進化してきました。機種によっては専用のアプリをダウンロードしておくことで、Web提出用の写真データをダウンロードできるものもあります。この場合も、ダウンロードしたままの画像だとサイズが大きすぎるので、提出用にサイズを変更したものを用意しておいてください。

肌写りや肌色を加工してくれるオプションも登場しています。24時間いつでも利用できるので、急いでいるときには頼もしい存在ですね。

ひと昔前の証明写真機は、「顔に不自然な影ができる」「顔色が悪く見える」など写りがよくないものが多くありました。それに比べ、最近はかなり写りが良くなってきています。元の料金自体が安いので、肌色補正などのオプションをつけたとしても写真館に比べると割安に利用できます。

ただ、ネクタイの曲がりやメイク崩れ、髪形の乱れ、顔の向きなどにおかしい点があっても、証明写真機だと誰も指摘してくれません。これらのミスには、自分では意外に気づかないものです。写真館のスタッフは、就職活動用の撮影に慣れています。髪型の乱れや表情、顔の向きについてもアドバイスしてくれるので安心です。

就職活動は一生を左右する大事なイベント。ちょっとした料金の違いで印象に差が出るとしたら、きれいに撮ってもらいたいですよね。クオリティの高い好印象な証明写真のデータが欲しいなら、やはり写真館に撮影を依頼するのがおすすめです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加