第一ボタンは締めておく?あけておく?証明写真の身だしなみ解説

TOP > 就職活動 > 第一ボタンは締めておく?あけておく?証明写真の身だしなみ解説

第一ボタンは締めておく?あけておく?証明写真の身だしなみ解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第一ボタンは締めておく?あけておく?証明写真の身だしなみ解説

就職活動(就活)で使用する履歴書には、証明写真を添付する必要があります。このとき、どのような服装で写ったらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

この記事では就活で重要な証明写真の「身だしなみ」について解説します。

 

就活には、原則として男女の問わず、スーツを着用して望みます。面接や会社説明会などに参加するときはもちろん、証明写真を撮るときもスーツの方が良いでしょう。履歴書は通常、面接時の補助資料としても使われます。目の前にいる本人はスーツなのに、履歴書に別の服装で写っていたとしたら、写真と実物のイメージのギャップから、履歴書に書かれた内容にも偽りがあるかのように思われかねません。

いうまでもありませんが、スーツにはシワや汚れがないようにしっかり手入れをしてから撮影に望みましょう。汚れたスーツでは、採用担当者に良い印象を与えることはできません。男性であれば、ワイシャツを着てネクタイを締め、ジャケットを羽織って撮影に臨みます。女性の場合、スーツの内側にはシャツのほか、カットソーもしくはブラウスを着用するのが一般的です。黒や紺、グレーのスーツに白いワイシャツ等を合わせたコーディネートにしておくのが無難です。

 

シャツにはボタンが付いていますが、「どこまで締めたらいいのか」を疑問に思っている人もいるでしょう。結論からいうと、証明写真の撮影時を含め、就活時は第一ボタンまでしっかり締めておいた方が良いでしょう。

男性の場合、ネクタイを締めるので必然的に第一ボタンも締めることになります。一方、女性の場合もシャツを着用するなら第一ボタンまで締めるべきです。第一ボタンが空いていると「着崩している」という印象を与えてしまう恐れがあるためです。

近年では「クールビズ」を始めとしてネクタイを着用しなかったり、第一ボタンを締めなかったりしても非礼には当たらないとするビジネスマナーが広がってきました。そのため、第一ボタンを締めなくても悪い印象を持たれない可能性もありますが、結局のところは採用担当者や企業の考え方次第です。

逆に、第一ボタンを締めていることがマイナスにとられるリスクはほとんどありません。不必要なリスクを背負って就活を行うよりも「第一ボタンは締めるもの」と覚えておいた方が良いでしょう。

シャツの襟は出すべきか?

シャツに関する身だしなみでもうひとつ気になるポイントは「襟をジャケットの外に出すべきか否か」という点でしょう。これについては着るシャツの種類によって対応が変わります。

「スキッパーシャツ」と呼ばれる第一ボタンのついていないタイプの場合、襟はジャケットの外に出すのが正しい着こなし方です。一方、第一ボタンがついている「レギュラーシャツ(レギュラーカラー、ボタンシャツ)」の場合は、襟を外に出さずジャケットの内側に収めておきます。就活時にはスキッパーシャツとレギュラーシャツ、どちらも着用できますが、服の種類に合わせた正しい着こなし方をするように注意してください。

 

ここまでにご説明してきた内容もふまえて、以下に自分の身だしなみが正しいものになっているかどうかを確かめるためのチェックリストをご用意しました。証明写真を撮る前や、面接に出発する前などに一読して自分の身だしなみをチェックしてみてください。

就活時の身だしなみ チェック項目一覧

  • スーツを着用しているか?
  • スーツの下にワイシャツなどを着ているか?
  • 服に汚れやシワはできていないか?
  • シャツのボタンは第一ボタンまで締まっているか?
  • シャツの襟は正しい位置に収まっているか?
  • ネクタイは締めているか(男性の場合)
  • 寝癖など、髪型に乱れはないか?
  • 目の下のクマ、顔のテカリなどは気にならないか?
  • メイクしている場合、濃すぎずナチュラルな感じに仕上がっているか?
  • 表情は明るく、自然な笑顔が作れているか?

以上10個の項目は、性別や服装を問わず、就活時には必ずチェックしておきたい重要なポイントです。これらを抑えておけば、正しい身だしなみで就活に臨むことができるでしょう。

 

服装は、しばしばその人の人間性を測るための目安になります。就活においてもそれは例外ではありません。多くの場合、企業の担当者は会社説明会などを通じて初めて就活生と接触し、その後履歴書の証明写真を見て個々人の人間性を意識するようになります。そのとき、身だしなみが整っていなければそれだけでマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。就活を有利に進めるためにも、服装が果たす役割は極めて大きいといえるでしょう。正しい身だしなみは、もちろん就活後に社会人として仕事をする上でも役に立ちます。一人前のビジネスパーソンになるための第一歩として、まずは服装から今の自分を見直してみましょう。

 

関東主要都市の店舗はこちらから

 

 新宿スタジオ

 池袋マルイスタジオ

 渋谷マルイスタジオ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加