アパレル・CA・マスコミ志望必見!全身写真撮影のコツ

  1. 証明写真・就活写真はスタジオフォプロで!東京・名古屋・大阪ほか、日本全国で展開!
  2. 就活 TIPS
  3. 撮影のコツ
  4. アパレル・CA・マスコミ志望必見!全身写真撮影のコツ

アパレル・CA・マスコミ志望必見!全身写真撮影のコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレル・CA・マスコミ志望必見!全身写真撮影のコツ

アパレル業界やCA(キャビンアテンダント)、マスコミ業界を志望している人は、上半身の証明写真だけでなく全身写真の提出を求められることもあります。全身写真の撮影では、通常の証明写真以上にさまざまな点への心配りが求められます。

こちらではこれらの業界で内定を勝ち取るために必要な、全身写真撮影のコツをご紹介していきましょう。

全身写真の提出を求められる企業は、基本的に倍率が高めです。特にCA(キャビンアテンダント)を募集しているエアライン業界は非常に倍率が高く、書類選考で振るい落とされることも少なくありません。

全身写真の提出を求められるということは、通常の就活用証明写真よりも多くの情報を写真から得たいということです。そのため、撮影してから3ヵ月以内の新しい写真を使いましょう。

これらの選考書類は書類選考後の面接時にも常に面接官の目にさらされ続けます。撮影時と髪型が大きく変わっていたり日焼けしていたりすると、面接時の印象が落ちる原因となるので、注意してください。

通常の証明写真の撮影時は無条件でリクルートスーツを着用しますが、全身写真の撮影では指定に沿った服装で臨みましょう。スーツと指定がある場合は、証明写真と同じ服装で構いません。「スナップ写真」「私服」と指定がある場合は、その人の普段の様子がわかる私服での撮影が求められます。

人前に出る機会が多く信頼性が求められるエアライン業界やマスコミ業界の撮影では、上品で清楚な印象の服装がおすすめです。パステルカラーのニットに膝丈スカートなど、アナウンサーが朝の放送で身につけていそうなコーディネートを選びましょう。色選びでは事前にパーソナルカラー診断を受け、それを活用することをおすすめします。

アパレル業界の販売スタッフは店頭でそのブランドの服を身につけ、お客様と接する立場になります。そのため、ファッションセンスとブランドイメージに合うかどうかを確認されていることを意識しましょう。

ファッションブランドにはコンセプトが設定されているので、それを意識してコーディネートすることが大切です。

全身写真の撮影も、できればプロのカメラマンに依頼することをおすすめします。費用はかかりますが、写りは大きく違ってくるので検討しましょう。

志望する企業によってはスタジオ撮影が不可という指定のある場合もありますが、その場合はロケ撮影を依頼することとなります。スタジオ撮影と比べるとさらに費用は高額になりますが、ロケ撮影では背景、光の当たり方、余白の取り方、姿勢、レンズによる歪み、表情や顔の角度など、スタジオ撮影以上に注意すべき点が増えます。

これらをすべて考慮して撮影できる素人はあまりいません。「背景の電柱で首が串刺しになっていた」「姿勢が悪くてだらしなく見える」「太陽光が当たりすぎて顔が白飛びしている」などの失敗につながることも。

プロに依頼すれば背景まで意識して撮影してくれるので、このような心配がありません。

全身写真の撮影では、ただ突っ立っていると全身のバランスが悪く見えます。下半身は斜め前方を向くように立ち、腰のあたりでひねりを入れて上半身は正面を向くように撮ると、美しい身体のラインが協調できます。

背筋は上から頭を糸でつられているような意識で、ピンと伸ばしましょう。額を少し前に出すような感覚であごを少し引きます。胸をそらし過ぎないよう、おへその下にある「丹田(たんでん)」というツボに少し力をこめましょう。表情は自然な笑顔を心掛けます。

手の位置は身体の左右に自然に垂らすか、おへそのあたりで組みます。指先は意識して伸ばしましょう。特に中指と薬指を揃えるよう意識すると、美しい手元が実現します。

腕を垂らす場合は身体のラインに沿いすぎないよう自然に伸ばし、脇と腰の間に空間を作りましょう。手を組む場合は少しひじをうしろに引くと適度な空間ができます。

頭と足の上下は詰まりすぎて圧迫感を与えないよう、少し空間を残して撮影するのがおすすめです。こうした余白がスタイリッシュな印象につながります。

全身写真の撮影では、通常の証明写真とはまったく違った点まで意識しなければなりません。知り合いや友人に撮影を頼む人もいますが、思い通りの撮影ができないとお互いに不満を抱く原因になることもあります。

就職活動は今後の人生に関わることなので、やはり少しお金がかかってもプロに頼んで納得のいく写真を撮影しておきましょう。スタジオフォプロでは志望先の指定に沿ったアングルなどにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事:

アナウンサー就活の写真撮影のポイント


就活における業界ごとの履歴書写真の撮り方はこちらもおすすめ▼
服装(スーツ)、髪型、表情など就活証明写真のおすすめの撮り方まとめ

就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓




全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓






スマホがあればどこでも好きな場所でダウンロードできます↓




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加