%{FACEBOOKSCRIPT}%

ブログ

TOP > 就職活動 > 華やかさが必要!エアライン系の企業に送る証明写真の撮り方

華やかさが必要!エアライン系の企業に送る証明写真の撮り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
華やかさが必要!エアライン系の企業に送る証明写真の撮り方

旅客機に乗って大空を飛び回り、毎日多くの人を目的地に運ぶエアライン系企業(航空会社)は、就職活動においても高い人気を博しています。特に、航空機内で接客を担当する客室乗務員(キャビンアテンダント)は、エアライン系企業の花形ともいえる存在。そのため、就活でエアライン系企業を志望するのなら、数多くの就活生との競争に打ち勝たなければなりません。

ここでは、航空会社をターゲットにした「エアライン就活」で重要な役割を果たす証明写真に注目し、どんな写真を撮影すれば採用を有利に進められるのか、そのポイントをご紹介します。

接客がサービスに含まれる職種では、学歴や能力ばかりでなくその人の「見た目」も極めて大切です。人は「視覚から8割の情報を得る」ともいわれているため、接客業では大前提として「お客様に不快感を与えないような外見をしていること」が求められるのです。

コンビニやスーパーマーケットの店員のように、一般的な小売業であれば単に不快感を与えないだけでも十分ですが、競争率が激しいエアライン就活ではそれだけでは足りません。清潔感や明るさといったポジティブな印象はもちろん、接する人が思わず心を開いてしまうような信頼感や誠実さをたたえた外見が求められます。

そのため、エアライン就活ではほかの業界と比べて履歴書に添付する証明写真が選考結果に大きな影響を及ぼします。会社によっては「履歴書の中身よりもまず証明写真がチェックされ、その時点で多くの候補者が落とされてしまう場合もある」とさえいわれているほど。良い証明写真を撮ることは、エアライン就活で合格を目指すうえで必要不可欠なプロセスだといえます。

一般的な就活では、4×3cmの上半身が写った証明写真を用意し、履歴書に添付して提出すれば問題ありません。しかし、エアライン就活ではそれに加えて異なるカットの写真が複数求められる場合もあります。

特に多いのが「全身写真」の提出が求められるパターンです。これは頭の先から爪先まで、全身を収めた写真で、証明写真のように室内で撮影したものを提出する場合もあれば、屋外で撮影したものを提出する場合もあります。こうした写真を提出させるのは、表情だけでなく全身を含めた就活者の印象を確認するため。このことからも、いかにエアライン就活で見た目が重視されているかがおわかりいただけるのではないでしょうか。

同様に、正面を向いた証明写真だけでなく、動きのあるスナップ写真の提出を求められるケースもあります。スナップ写真は顔をメインに表情をわかりやすく撮影する場合もあれば、屋外で全身の動きを含めて撮影する場合もあります。撮影パターンは企業の要望に合わせて、複数あり得ると考えておいてください。

エアライン就活で採用担当者に好印象を与えやすい、良い写真の条件は「華やかさ」と「落ち着き」の両立です。これらはどちらも接客業において基本的に押さえておかなければならない要素だといえます。証明写真から、応募者にそうした資質が備わっているかどうか外見の印象をチェックされるのです。

華やかさと落ち着きを写真でうまく伝えるためには、髪型のセットやメイクの仕方、表情づくりなどに注意しなければなりません。

髪型は清潔感があり、快活に見えるようおでこを出すか毛先を一箇所にまとめてください。髪が長い人はハーフアップか一本結びにまとめるといいでしょう。髪色は黒か、地毛に近い色合いに留めておくのが無難です。

メイクはナチュラルメイクを基本として、少しでも健康的な印象を与えられるように撮影の前から生活習慣を整えておきましょう。食生活や睡眠時間が健康的であれば、それだけで化粧のノリも良くなります。表情は口角を上げすぎない自然な笑顔を心がけてください。歯は見せても、見せなくても構いません。

これら自分自身の見た目と同じくらい重要なのが背景色です。室内で撮影する場合におすすめなのは、爽快感や清潔感をアピールできる『ブルー』や明るさを伝えられる『ホワイト』が良いでしょう。全身写真でも『ホワイト』が基本で、背景が白いと身体全体や服装、立ち方、表情などが一つ一つハッキリと見やすく写るため、レベルの高い写真に仕上がりやすいです。また、落ち着いた感じや少し風格を見せたい場合には『グレー』もおすすめです。

ご紹介してきたように「華やかさ」と「落ち着き」を写真でうまく表現できれば、エアラインを有利に進めていくことができるはずです。しかし、素人が上手に写真を撮るのは決して簡単なことではありません。人は一人ひとり、異なる個性を持っているため、その違いを踏まえたうえで求められる要件を満たした写真を仕上げるためには、非常に高いスキルが求められるからです。「屋外でのスナップ写真撮影」ともなれば、その難易度はさらに跳ね上がります。

エアライン就活で良い写真を作りたいのなら、自分で撮影したり、スピード写真(証明写真機)を利用したりするよりも、写真スタジオなどでプロに任せるのが一番。写真スタジオならプロから表情の作り方やメイクの仕方、ポーズのとり方などについて専門的なアドバイスを受けることもできますし、背景色など必要な資材も揃っています。競争が激しいエアライン就活でライバルに差をつけたい人は、ぜひ写真スタジオを利用しましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加