【アンケート】真面目に見える?息苦しく見える?証明写真撮影時の「第一ボタン」の扱いを調査!

TOP > アンケート調査 > 【アンケート】真面目に見える?息苦しく見える?証明写真撮影時の「第一ボタン」の扱いを調査!

【アンケート】真面目に見える?息苦しく見える?証明写真撮影時の「第一ボタン」の扱いを調査!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アンケート】真面目に見える?息苦しく見える?証明写真撮影時の「第一ボタン」の扱いを調査!

就活用の証明写真を撮影する際、第一ボタンは締めたほうが良いのでしょうか? それとも開けておいても良いのでしょうか?

就活を経験した方の中には、第一ボタンを開けていた方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方は締めて撮影していました。しかし、中には第一ボタンを開けると息苦しく見える、開けてあったほうがすっきりして見えるといった理由から、外して撮影した方もいらっしゃいます。

また、志望業界によっても適切な服装が異なり、公務員や銀行を受ける方は、できるだけきちんとした服装を意識して撮影しているようです。こちらでは、就活のために証明写真を撮る際、シャツのボタンはどうしたら良いのかをお伝えします。履歴書を作成する際の参考にしてみてください。

証明写真を撮るときにワイシャツ・ブラウスの第一ボタンはどうしましたか?
民間企業も受けたが、第一志望だった国家公務員では崩したスタイルは御法度ととも思っていた。[埼玉県/39歳女性]
第一ボタンを閉めると首が苦しいのですが、閉めた方がきちんとした印象を与えると思ったから。[神奈川県/50歳女性]
ボタンを閉めないとだらしなく感じるため。他の人がそうしていていたから。[大阪府/28歳男性]

きちんとした印象を出すため、少し息苦しくても第一ボタンまで締めるという方が多数を占めました。特に、公務員や銀行員といった堅めの職業を受ける場合は、気をつける方が多いようです。また、だらしなく見えるのを避けたいという方も多くいらっしゃいました。ボタンが空いていると、カジュアル過ぎてしまい、面接には向かないと感じる方が多いようです。ほかにも、大学の進路カウンセラーの方にボタン締めるようにアドバイスされたという方や、周りの人が締めていたため、自分もそうしたという方がいらっしゃいました。

第一ボタンは開けていても問題がないと聞いたので、締めたら首元が苦しいから開けてた。[北海道/30歳女性]
ブラウスに襟があるタイプで、襟があれば第一ボタンを締めなくでもきちんとした印象になると思ったので、第一ボタンは開けていました。[千葉県/52歳女性]

IT業界やアパレル業界では、どちらかといえば堅すぎないカジュアルな雰囲気が好まれる傾向があります。そのため、あえて第一ボタンを締めないで撮影する方も少なくありません。第一ボタンまで締めてあると、きちんとして見える反面、どこか息苦しく見えてしまうこともあります。志望業界の風潮に合わせて、適宜ボタンを開けてみるとよいでしょう。また、ネクタイを締めた場合やシャツのデザインによっては、第一ボタンが開いていても目立たないという意見もありました。

ただたんに締め付けられているのが好きじゃないので窮屈感のないものをえらんだ。[静岡県/35歳女性]
スキッパーの方がすっきりして見えるから。[青森県/24歳女性]
スーツの下には丸首のシャツを着ていたので。[山形県/33歳女性]

スキッパーシャツや丸首シャツといった第一ボタンのない服は、レギュラータイプのシャツよりも明るい印象を与えられます。自由な雰囲気の会社を受ける場合は、第一ボタンのないシャツを購入してみても良いかもしれません。しかし、企業によってはカジュアル過ぎる印象を持たれる場合もあるため注意が必要です。特に複数の業界を志望するのであれば、第一ボタンのないシャツのほかに、レギュラーシャツも用意しておくことをおすすめします。志望企業に合わせてシャツを使い分けましょう。

就活用の証明写真を撮影する際、83%と大部分の方は第一ボタンを締めていたようです。上までボタンを締めておくときちんとした印象になり、第一印象で減点になる心配がありません。迷ったときは、第一ボタンまで締めるようにしましょう。

しかし、第一ボタンまで締めると息苦しく見えてしまうケースもあります。IT業界やアパレル業界といった、社員が私服で勤務する業界を受ける場合、第一ボタンを開けて撮影したほうがすっきりした印象になります。複数の業界を受ける方は、企業によってシャツの着方を変えてみてはいかがでしょうか。また、スキッパーシャツや丸首シャツは、レギュラーシャツよりも明るい印象になるため、カジュアルで自然な写真にしたいときにおすすめです。

証明写真のみで合否が決まることはありませんが、選考基準のひとつにしている企業は多くあります。選考の際にチェックされるのは、応募者が常識のある人物かどうかです。採用担当者は、髪型・目線・顔の向き・表情・服装を確認し、常識的な写真であることを確認しています。シャツの着方もチェックされる可能性が高いため、お気をつけください。

履歴書は公式書類のひとつであるため、正確に作成できる能力は採用後の業務でも生かされると見なされます。応募企業から好印象を持たれるような写真を撮り、適切な履歴書を作成しましょう。

企業によっては第一ボタンを締めていなくても問題ないところもありますが、基本的に就活ではシャツを第一ボタンまで締めておくことが推奨されています。ボタンを開けて印象が下がるケースはありますが、基本的にボタンを締めて減点になることはありません。

志望企業が服装に対してどんな考えを持っているか分からない場合には、第一ボタンを締めておくようにしましょう。また、写真撮影時だけでなく、面接や説明会に行く際も、シャツのボタンは一番上まで締めておくことと無難です。就活する際は服装に気をつけて、採用担当者に好印象を与えましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加