プロカメラマンに聞く!どんな人でも綺麗に証明写真を撮るためにしている工夫は?

TOP > 撮影のコツ > プロカメラマンに聞く!どんな人でも綺麗に証明写真を撮るためにしている工夫は?

プロカメラマンに聞く!どんな人でも綺麗に証明写真を撮るためにしている工夫は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロカメラマンに聞く!どんな人でも綺麗に証明写真を撮るためにしている工夫は?

スマホやデジカメの普及によって一般人でも写真を撮る機会が増えたこともあって、就活用の証明写真を、「自分で撮った方がうまく撮影できるのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、どんな世界でも、プロとアマチュアの間には大きな差があります。多くの場合、アマチュア側に一定の知識や経験がないと、プロとどれだけの差があるのかわかりません。

今回は、プロカメラマンが綺麗な証明写真を撮るためにしている工夫を3つご紹介します。

プロのカメラマンが現場で非常に大切にしている撮影テクニックの一つが「光」です。どれだけ高価で良いカメラを使っても、素晴らしい表情とメイク、髪型とスーツの着こなしをしていても、撮影場所が暗かったり撮影時に十分な光を当てられなかったりすれば、良い証明写真には仕上がりません。

そのため、プロカメラマンは、

  • 光の量
  • 光の方向
  • 光の当て方

の調整に力を入れます。

まったく同じ場所・設定で撮った写真でも、光の角度が変わると表情も違った雰囲気になるため、撮影では準備が一番大切です。そのため、撮影現場では、光量の強い専用のライトや光を散らすレフ板といった道具を使って、もっとも魅力的な写真が撮れる設定をしてから撮影を行います。

証明写真機やご家庭での撮影だと、顔の影を飛ばして表情を明るく見せられるほど強力なライトを持っていないため、顔が暗くなりがちです。どうしてもご家庭で撮影したい場合は、晴れた日の昼間を選び、膝の上へ白い布や紙を載せて撮影すると良いでしょう。

このとき、室内のやや暗いところや、カーテンを閉め切った蛍光灯の下でも写真を撮ってみると、光でどれくらい写真の印象が変わるのかがわかります。

プロカメラマンとして現場で大切にしている撮影テクニックの二つ目は、「姿勢作り」です。意外かもしれませんが、人間は自分が思っている以上に左右対称のキレイな姿勢を作れているわけではありません。

いつも同じ側の手でかばんを持っていたり、立っているときいつも同じ側の足に体重を乗せていたり、左右の顎でものを噛む回数が違ったりすると、姿勢は左右非対称になってしまいます。

実際に多いのは、

    • 肩の高さが左右で違う
    • 猫背になっていて顔が大きく見える
    • 顎を引きすぎて二重顎になっている
    • 首が左右に傾いて体の中心からずれている

といった例です。人間は、基本的に左右対称のものを美しいと感じるので、姿勢がゆがんでいると、それだけで証明写真の第一印象が悪くなってしまいます。

しかし、体のゆがみやずれは、無意識の癖によって出来上がっているので、自分ではなかなか気づくことができません。そこで、カメラマンが撮影時に指示を出すことで、客観的に見て一番綺麗な姿勢作りをサポートしているのです。

カメラマンは、撮影現場でキレイな証明写真を撮るために、撮影時の表情も指導しています。

      • 笑顔を浮かべているものの口角の位置がずれている
      • 笑顔がぎこちなくて不機嫌そうに見えてしまう

と、せっかくの顔立ちも活かすことができません。左右対称だと美しく見えるのは、姿勢だけでなく表情も同じです。多くの人は、いつも同じ側の歯を使って食事をしていたり、頬杖をついたりしているため、自分が思っているよりも表情に左右のずれがあります。

その点、カメラマンは客観的な視点から、もっともカメラ写りの良い表情へ導くことが可能です。「数多くの証明写真を撮ってきたプロに認めてもらった笑顔」をいつでも再現できるようになれば、面接や社会人生活でも役に立つでしょう。

プロのカメラマンにとって、証明写真は相手の人生を左右しかねない重要なもの。証明写真機や自撮りではなく、お金を払ってプロに依頼するという選択肢を取った人に対して、手を抜くプロは存在しません。どうすればもっとも魅力的な表情や姿を引き出せるのかを考えて撮影をしているからこそ、良い写真に仕上げられるのです。

また、プロはより良い表情を引き出すために、撮影現場で緊張を解す術も身に着けているため、あがり症の人も不安になる心配はありません。もっとも魅力的な証明写真を就活に使いたい人は、ぜひプロカメラマンがいる写真館へご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加