内定率&通過率を上げるためのポイント

TOP > 就職活動 > 内定率&通過率を上げるためのポイント

内定率&通過率を上げるためのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内定率&通過率を上げるためのポイント

就活の理想は、第一志望の企業から一度の採用試験で内定をもらうことでしょう。しかし、各企業の採用枠には限りがあるため、残念ながら全員が好きな企業へ就職できるわけではありません。
競争の激しい業界で就活したりしていたり、就活の準備をおろそかにしていたりすると、最悪の場合、内定を獲得できないまま卒業することになってしまうでしょう。

今回は、就活の内定率や通過率を上げるためのポイントをお伝えします。

書類選考でも面接でも有効な、内定率&通過率を上げるポイントの一つが、「自己PRの練り直し」です。学歴や資格など、実績や客観的な評価が同じくらいの就活生が複数いた場合は自己PRの内容によって評価が決まります。

そして、優れた自己PRや説得力のある自己PRを作成するために必要なのが自己分析です。過去の経験やきっかけから自分のやりたいことを見つめ直したり、逆に、今自分がやりたいことを補強する経験やエピソードを過去の経験から掘り起こしたりして、アピールポイントを絞り込みましょう。

自己分析を理解するのは、企業がどんなことを採用重視しているかを知る必要があります。企業はどんなことを採用重視しているか。
1位:人柄93%重視
      (学生がどんな人なのか)
2位:企業への熱意78%重視
      (なぜその企業に入りたいのか)
3位:今後の可能性72%重視とされております。
      (どんな風に会社で活躍してくれそうか)
この3つの疑問に上手く答えられるように自分に当てはめていく必要があります。

自身の強みと弱みを確認します。
同じ事を経験しても人によって考え方や感じ方や行動など様々です。印象に残っている出来事を思い出していく中で自身の強みを探し、失敗や後悔などを探っていけば弱みも明確になってきます。ご自身をきちんと理解しておくことで面接でも長所と短所について明確に答えられるようになります。
また自己分析では3つの疑問に答えるために
 ●自分の人間性と、なにが得意かの説明
 ●自身のやりたいこと、やる気の説明
 ●会社で行いたいこと
 (会社のためになること)
上手く答えられるようになれば自己分析は十分といえるでしょう。

業界によって、応募できる企業の数や人気度は大きく異なります。「営業がしたい」「事務仕事がしたい」「企画がしたい」など、やりたい仕事の内容が決まっているなら、志望している業界を変えてしまうのも一つの手です。

たとえば、営業職なら医療業界でも食品業界でも「自社商品を売り込む」という仕事内容自体は変わりません。経理や広報といった仕事も、業界を問わずほとんど同じ業務です。
現在志望している業界より有効求人倍率の高い業界、つまり内定を獲得できるチャンスの多い業界を見極めて就活すれば、内定率をアップできるでしょう。

自己PRの分析だけでなく、ES(エントリーシート)の見直しもおすすめです。基本的に、就活では履歴書を通して「過去の実績や学歴等の事実」を、ESを通して「仕事の熱意や能力といった熱意や強み」をアピールすることになります。

ただ、企業へ提出するESの内容に具体性がなかったり、説得力がなかったりすると、内定や選考の突破には結びつきません。もし、なかなか希望の業界や企業から内定を取れない場合は、「事実に基づいた内容になっているのか」を考えましょう。

就活生は実務経験がないので、企業分析や自己分析が甘いと、熱意ややる気をアピールしがちです。しかし、根拠のないやる気をアピールしても、採用担当者には評価してもらえません。「頑張ります」よりも、「中学・高校と生徒会役員を務め、大学ではサークルの部長を経験しました。○○といったトラブルを解決した経験もあり、人をまとめる能力には自信があります。学生生活で培った対人スキルを仕事に役立てていきたいです」と事実ベースでアピールした方が、自分の意見に説得力をもたせられるでしょう。

会社によって、給与や待遇、働き方は大きく違います。基本的に、就活では応募条件として提示されている給与や働き方が、採用後に大きく変わったり改善したりすることはないと考えてください。
また、新人が活躍しやすい職場なのか、やりたい仕事を新人にも任せてもらえる職場なのかも企業によって異なります。一個人の努力で社風を変えるのは困難なので、インターンや説明会、面接を通して働き方に関する情報を集め、自分の希望に合った企業を見つけ、自分の希望に合った企業に応募する必要があります。

自分の希望する条件に合わない企業を受けていても、面接でミスマッチと判断され、内定には至りません。
たとえば年収を重視するなら、成果主義の外資系や体力のある大企業など、初任給の高い企業へ応募しましょう。自分の求める条件に合った志望企業を見つけて応募することも、内定率を上げることにつながります。

第一印象の良い人や、実績や実力に問題のない人でも、面接で緊張したり弱気になったりすると表情が暗くなり、ボソボソとした話し方になって魅力が半減してしまいます。
ただ、慣れない就活の面接で、緊張や不安を覚えるのは当然です。緊張をほぐす一番のコツは、とにかく場数を踏むことなので、家族や学校の先生、就活エージェント等に協力してもらって面接練習を重ねましょう。

面接では自分の外見に自信をもつことも重要です。自身のセンスを信用できない場合は、プロカメラマンやプロのヘアメイクが所属する写真館を利用し、証明写真を撮るついでに表情や姿勢、目指す業界に合ったメイクや髪型などに関するアドバイスを受けましょう。プロの意見を参考にすれば、自信をもって面接に臨めるでしょう。



就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓




全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓





新宿スタジオ・池袋スタジオ限定企画↓




 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加