エントリーシート(ES)に貼る写真の重要性

  1. 証明写真・就活写真はスタジオフォプロで!東京・名古屋・大阪ほか、日本全国で展開!
  2. 就活 TIPS
  3. 撮影のコツ
  4. エントリーシート(ES)に貼る写真の重要性

エントリーシート(ES)に貼る写真の重要性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エントリーシート(ES)に貼る写真の重要性

企業は求職者が提出するエントリーシート(以下ES)に証明写真を提出させる目的があります。

それは「本人確認」を取ることです。

よく聞く話としては、写真を送らせて容姿のみでの合否を判断する「顔採用」というものがありますが、基本的にそのようなことはないと言えます。基本的なフォーマットを守っていれば証明写真だけで落とされることはありません。

また、企業によって意図は異なりますが、文章だけでは伝わらない就活生の雰囲気を掴み取りたいという意図も考えられます。

その中でも就活では、ESの設問として「あなたらしい写真」を求められることがあります。ただ、「あなたらしい写真」といわれても、どのような写真を用意すれば良いのかわからないという方が大半でしょう。

とはいえ、企業がESに合わせて「あなたらしい写真」を提出させるのには意図があります。その意図を知った上で、戦略的に写真を選択することで、就活を有利に進めることができます。

そこで今回は、ESで「あなたらしい写真」が求められる理由や、評価される写真の選び方、一緒に添えるエピソードの重要性などを解説していきます。履歴書で使用する写真とは別の視点が必要になりますので、理解をしたうえで対策するようにしましょう。

※実際の選考基準は企業により異なりますので、今回はあくまで一般的な視点の話になります。あらかじめご了承ください。

就活で証明写真以外に「あなたらしい写真」の提出を求める理由は、履歴書やESの文章だけではわからない本人の性格・生活の様子といった「中身」を見極めるためです。清潔感や身だしなみ、協調性を重視する日本の就活市場では、多くの就活生が同じような証明写真を提出します。同じようにスーツを着て、髪型やメイクを整えた写真を見ても、本人の性格を始めとする内面的な部分がわからないので、企業側は個性の出やすい「あなたらしい写真」が求められるわけです。

たとえば、

  • どういう構図・状況の写真を選ぶのか
  • どうしてその写真を選んだのか
  • 提出した写真のエピソードをどのように見せるのか

といった部分で、人それぞれの個性が出ます。その個性が自社の文化にあっているのか、活躍してくれそうかといった視点で企業は採用活動を行います。

履歴書やエントリーシートの文章を補強する材料として、企業はよりプライベートに近い写真を求めてくるのです。そのため、ESといえど油断せず、あなたの発言や振る舞いと一貫した「あなたらしい写真」を選ぶ必要があります。

「あなたらしい写真」を選ぶ場合は、「履歴書やESでアピールしているポイントを補強できる一枚」を選びましょう。もう少し掘り下げると、「ひと目で自分の強みや個性が伝わる写真」を選ぶことが大切です。

就活において、面接官や人事担当者から評価してもらうためには、矛盾のない一貫した自己アピールが必要になります。たとえば、履歴書やESでは「協調性がある」とアピールしているのに、「一人で趣味に没頭している姿」といった写真を提出したら説得力がありませんよね。また、書類段階で他の就活生と差をつけるのであれば、より個性が際立った一貫性のある写真が必要でしょう。

ESに添付する「あなたらしい写真」は、あくまでも自分の魅力をアピールするための手段です。本当の意味で気に入っている写真を選ぶのではなく、就活を突破するために考えた、自分の強みを証明する一枚を選んで自己PRに説得力を持たせましょう。しっかりと考え抜いた1枚であれば、あなたの就活をより有利に進めることが可能です。

ESに「あなたらしい写真」を添付する場合、同時に「その写真を選んだ理由」や「その写真についてのエピソード」を求められるのが一般的です。「あなたらしい写真」という設問では、写真とエピソードのセットで評価が決まります。素晴らしい出来栄えの写真でも、「何となく撮影したもので、気に入っているから提出した」という理由では、評価の対象になりません。選考を突破するためにも、「どうしてこの一枚を選んだのか」説明できる写真を選びましょう。

なお、写真に添えるエピソードは、履歴書・ESの志望理由や自己PRを補強できるものが好ましいです。たとえば、「好奇心旺盛で何事にも積極的にチャレンジしたい」人が、「講義やニュースを通して海外事情に興味を持ったため、長期休暇を利用して実際に現地へ向かったときの写真」を持っていれば、「積極性」や「行動力」などをアピールできます。

エピソードについては面接の場でも質問される可能性があるので、ES提出段階でしっかりと根拠を話せるように準備をし、写真を撮影するようにしましょう。

「普段から写真を撮る習慣もないし、手頃な写真がない」人もいるでしょう。そんなときに役立つのが、自分のアピールポイントに合わせて写真を用意するという手段です。

まず、自己分析をして自分なりのアピールポイントをまとめます。次に、自身のアピールポイントを補強できる環境や場所を見つけましょう。サークルやバイト、日常生活、旅行などがおすすめです。

  • 「写真を通してアピールしたい自分の個性」
  • 「写真を紹介するときのエピソード」

を考えたら、最後に上記の項目が伝わるシチュエーションで写真を撮ってもらいます。「自分らしい写真」の撮影は、プロに撮ってもらうとわざとらしくなってしまうので、友人や家族に頼むと良いでしょう。そもそもESにおける「あなたらしい写真」は、写真の技術を見るものではありません。あなたらしさが発揮されている写真であれば問題ないので、写りよりも内容を意識するようにしましょう。

写真を撮ったら、最後はESの内容と矛盾する箇所がないか改めて確認しましょう。身近な人に、あなたらしさが出ているか確認してもらうのも良いかもしれません。最終的には、あなたらしさを評価した会社に入ることが、将来のキャリアにおいても重要になりますので、変に用意しすぎずにありのままの写真を撮るようにしましょう。

「あなたらしい写真」の項目を埋める際の注意事項は、「嘘をつかない」ことです。エピソードを創作したり、自分がまったく持っていない個性をアピールするために撮影環境を整えたりすると、面接で突っ込まれたときに対応できません。万が一、上手に嘘をつき通して内定を獲得したとしても、その企業で働く限りその嘘を守る必要が出てきます。

嘘を前提にした人間関係は、信頼関係を築くのが難しいものです。結局は自分のためにならないので、「自分が持っている個性をうまく抽出してアピールできる写真」を用意しましょう。


以上、エントリーシートの提出時に求められる「あなたらしい写真」についてご紹介いたしました。皆様の就活の成功率が少しでも高まるよう、参考にしていただけると幸いでございます。

用途別エントリーシート用の写真の撮り方▼
インターンシップ用のエントリーシートの写真を撮るときの注意点

就活における業界ごとの履歴書写真の撮り方はこちらもおすすめ▼
服装(スーツ)、髪型、表情など就活証明写真のおすすめの撮り方まとめ

就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓
写真は最初のご挨拶です全国の就活生が選ぶ証明写真館1位獲得



全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓

就活写真 選ばれる理由【女性】
就活写真 選ばれる理由【男性】




新宿スタジオ・池袋スタジオ限定企画↓
ESデータ携帯からカンタン取得



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加