内定獲得につながる!面接直前対策とは

TOP > 就職活動 > 内定獲得につながる!面接直前対策とは

内定獲得につながる!面接直前対策とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内定獲得につながる!面接直前対策とは

志望する企業の面接となると、多くの就活生はとても緊張してその日を迎えることになると思います。ある程度の緊張感は大切ですが、あまりに緊張して周りが見えないようだと思わぬ失敗をしてしまう原因となるかもしれません。

そこでここでは、面接直前にぜひ取り組んでいただきたい簡単な対策をいくつかご紹介します。「やるべき準備はした」と思えるだけで、心構えが変わってくるはず。これらの対策で余分な緊張をほぐし、内定獲得につなげましょう。

「5分前行動」という言葉はよく聞きますが、就職活動は「30分前行動」を心がけましょう。

面接や説明会の会場までの道のりは普段から通い慣れた道ではないので、迷ってしまうことも考えられます。「遅刻するかもしれない」などと焦ると気持ちに余裕がなくなりますし、余計な汗をかいてメイクや髪型が崩れ、清潔感が損なわれてしまうかもしれません。

会場に到着したらまず身だしなみをチェックし、時間に余裕があれば先方に提出した書類を読み直しておきます。さらに、その企業に関連するニュースや新聞サイトの記事などをチェックしておくと、気持ちに余裕が生まれます。

ヘアスタイルのセットや服装などは、会場に着くまでに多くの方が準備しているはずなので、直前の身だしなみ対策ではおもに崩れや汚れなどがないかを最終チェックしてください。

具体的には移動する間に髪の毛先がはねていたり、アホ毛が立っていたりしないかどうかを確認します。ウテナの「まとめ髪スティック」は携帯に便利なスティック式なので、就活生の身だしなみ対策によく選ばれているアイテムです。

笑ったときの口元や歯についた汚れなども見落としやすいので、直前にしっかりとチェックしておきます。

緊張すると表情が硬くなりがちなので、軽い顔面体操で表情筋をほぐしておきましょう。口をすぼめて「う」、口を大きく横に開いて「い」とする形を、鏡の前で何度か繰り返してください。特に「い」と開く際、仲の良い友人や家族と話す際をイメージしながら笑顔を作ると、表情が柔らかくなります。

面接の際、自分をよく見せようとすることばかりを意識すると、相手の様子が目や頭に入ってきません。面接は面接官との会話だということを意識し、相手の表情やセリフの内容に注意を向けましょう。

事前に用意してきた質疑応答シミュレーションの内容を一字一句間違えずに読み上げる人よりも、相手の問いかけに少し考えてから答えたり、笑顔ではきはきとした受け答えをしたりできる人の方が、印象が良くなります。自分の応答内容にばかり集中し、相手との会話を意識していない人にはそれができません。

質問の意図がつかみきれなかった場合には「恐れ入りますがもう一度お聞かせいただけますか」、質問の意図に最適と思える答えが見つからないときは「質問の意図に沿っているかわからないのですが」など、相手に寄り添った受け答えができれば、質問の意図に沿った完璧な答えができなくてもそれほど問題はありません。

面接の場には特有の緊張感が漂っており、就職活動の序盤ではどうしても緊張してしまう人が多いと思います。その空気の中で自然に振る舞えるようになるには、場数を踏むことも大切です。

経験を重ねることで受け答えにも余裕が出てきて、よりうまく自分をアピールできるようになっていきます。第一志望の企業を受ける前に、練習のつもりでいくつかの企業で面接を受けておきましょう。

まったく興味がなく志望する気がない企業だと、緊張感がないのであまり練習になりません。当初はそれほど強く志望していなかった企業に、就職活動を進める中で興味が沸く可能性もあるので、面接を受ける企業を増やすことは将来の幅を広げることにもつながります。

こちらでは内定獲得につながる、面接直前の対策をいくつかご紹介しました。いずれにしても、時間や気持ちに余裕を持つことが内定の獲得につながります。早めの行動はどんな時でも大切ですが、特に就職活動中は意識して早めに動くよう心がけてください。

気持ちに余裕を持つためには、直前の対策だけでは足りないこともあります。できるだけ面接の場数を踏んでその場の空気に慣れておき、第一志望の企業で面接を受ける際は気持ちに余裕を持つことが大切。これらの対策で面接や試験に集中し、志望企業の内定を勝ち取りましょう。



就活生に人気No.1スタジオフォプロホームページはコチラをクリック↓




全国の就活生がフォプロを選ぶ理由はコチラをクリック↓





いつでもどこでもスマホがあればデータダウンロードできます。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加