ヘアメイク無しの老舗の写真館とヘアメイク有りのフォトスタジオを比較!

TOP > 撮影のコツ > ヘアメイク無しの老舗の写真館とヘアメイク有りのフォトスタジオを比較!

ヘアメイク無しの老舗の写真館とヘアメイク有りのフォトスタジオを比較!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘアメイク無しの老舗の写真館とヘアメイク有りのフォトスタジオを比較!
  • ヘアメイクの無い老舗の写真館
  • ヘアメイクをしてもらえるフォトスタジオ

は、それぞれメリットや強みが違います。

就職活動において、照明写真の仕上がりは書類選考を通過して面接へ進めるかどうかを左右する重要なポイント。提出用に使える写真は1枚だけです。

今回はヘアメイクの無い老舗の写真館とヘアメイク有りのフォトスタジオ、どちらを選んだ方が良いのかを比較していきます。

 

 

ヘアメイクの無い老舗の写真館の特徴・メリットは、

  • 熟練したプロのカメラマンに写真を撮ってもらえる
  • 姿勢・笑顔の作り方・照明などを調整してもらえる
  • 証明写真や記念日など比較的固い写真を撮るのが得意

ことです。「プロのカメラマン」と一くくりにしても、

  • 風景写真が得意
  • スポーツの一瞬を切り取るのがうまい
  • 画像加工を駆使したポスターや物撮りのクオリティーが高い

など、人それぞれ得意分野が違います。プロであっても、就活用の人物写真撮影が得意とは限りません。しかし、老舗の写真館は人物写真の撮影が中心です。高い確率で、上質な就活用写真を仕上げてくれるでしょう。

また、地元の写真館なら、親世代や親戚等に評判を聞いて、実力を確認できるのもメリットです。

一方、ヘアメイク有りのフォトスタジオには、

  • ヘアメイク・表情・照明・写真加工を含めたトータルコーディネートを任せられる
  • さまざまなシチュエーションの撮影を受けていることが多いので、対応力が高い
  • ビジネス向けのヘアメイクについてアドバイスをしてもらえる

といった特徴やメリットを持っています。基本的に、写真館もフォトスタジオも、提供しているサービスに違いは有りません。しかし、ヘアメイク有りのフォトスタジオは、大抵の場合幅広い撮影メニューに対応しています。就職したい業界に合わせて、

  • 就活向けの写真撮影プラン
  • マスコミや航空業界向けのプラン

など、柔軟なプランを利用できるのが魅力です。

また、何といってもヘアメイクをしてもらえます。適切なヘアメイクを施してもらえば写真の印象が大きく変わりますし、髪型やメイクについて受けたアドバイスは、就職後も役立つ財産になるでしょう。

「ヘアメイク無しの老舗写真館」と「ヘアメイク有りのフォトスタジオ」で撮影した証明写真の違いは、

  • 顔色(顔色の明るさ・血色の良さ)
  • 画像加工(ニキビ・クマ等の除去)

で差が出ます。

写真を撮る前の段階で、照明や見え方に合わせて肌の調子や外見をヘアメイクで整えられるフォトスタジオを利用した方が、多くの場合より良い写真を手に入れられるでしょう。

写真撮影時の選択肢を増やすという意味では、ヘアメイクのできるフォトスタジオで撮影するのがおすすめです。

  • 普段あまりヘアメイクをしない人(男性を含む)
  • 就活向きのヘアメイクのやり方がわからない人
  • 普段は比較的派手なメイクをしている人

は、ヘアメイク有りのフォトスタジオを選びましょう。自分の見せ方やヘアメイクのテクニックに自信を持っているならともかく、そうでない場合は、フォトスタジオで撮った方が良い写真になりやすいです。プロにメイクをしてもらうことで、自分では気づかなかった髪型やメイクの良さを理解できる場合もあります。

就職活動は、企業の採用担当という第三者に自分の将来性や有用性をアピールする場です。自分の意見や感性より、プロという第三者の意見の方が役立つケースは多いので、上記の特徴に当てはまるならフォトスタジオで証明写真を撮りましょう。

証明写真の質を左右するのは、カメラマンの腕前と就活用写真に対する知識・経験の深さです。老舗の写真館だからといって、ヘアメイク有りのフォトスタジオで働くカメラマンより、写真を撮るのが上手で証明写真のノウハウを知り尽くしているとは限りません。全国展開している大手フォトスタジオの方が、ノウハウの蓄積という点では有利です。

ファッションセンスや自分の見せ方に自信のない人、普段メイクをしない男性は、ヘアメイクをするだけで外見の印象がガラリと変わります。社会に出て働くうえで、「清潔感の有る身だしなみを身に着ける」という意味でもプロの意見は参考にできるので、迷ったときはヘアメイク有りのフォトスタジオで証明写真を撮ってもらいましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加